ごあいさつ

湖南市立菩提寺北小学校
校長    廣 瀬 久 忠

 平成28年度がはじまりました。
 今年度、14学級290名の子どもがすがすがしい張りきったスタートの時を迎えました。
 桜の開花が早かったのでコバノミツバツツジの赤紫と桜花の淡いピンクが重なるように咲き誇る菩北の里は、学校の新しいスタートを応援するかの如くさまざまな彩りをなしています。ウグイスも盛んに鳴き声を競っています。ますます希望に満ちたうきうきした気持ちにあふれます。学校運営協議会の設置されたコミュニティ・スクール菩提寺北小学校は二年目に入ります。教師も子どもも地域の皆様の応援をいただいて充実した学びができていることを実感し、感謝しています。
 今年度は引き続き「あいさつにはじまり夢をつくる学校」を合言葉に胸をはる子どもを育てます。自分の持っている力を伸ばせるよう日々の努力を続けることにねうちを感じる学習集団を育て、切磋琢磨することで互いがたたえ合い、認め合える学習集団を育てることを職員一同めざします。辛い思いをしている仲間にそばで寄り添える子どもを見届けます。やさしいまなざしを向けられる子どもを見逃しません。子どものかけがえのない命が慈しまれ、大切にされ、今ここにいることを互いが喜び合える学校をつくります。そのために我々教職員と保護者と地域の皆様が「チーム菩北」として手を携え、地域の宝である子どもたちのよりよく成長したい前向きな思いに応援のエールを送っていただけるようお願いします。多くの手が差し伸べられても最後は子どもが自力で立ち、歩み、走り出せるかにかかります。
 その意欲や気持ちを高めるために自分の向かいたい明日を夢として意識できるかにかかります。夢をつくることは、今をどう生きるかを考え、行動することにほかなりません。子どもたちが毎日きらめく笑顔で登校してくることに真摯に取り組み続けます。どうぞ新年度も引き続きお力添えをお願いします。