校区の概要

 本校は湖南市の最西端にあり、北に希望ヶ丘公園、東に名神高速道路竜王インター、南に野洲川、西に三上山を望む高台に位置している。

 名神高速道路の開通を機に昭和40年代の初め頃よりハイウエーサイドタウンが京阪神の別荘地として開発され、第二の故郷として多くの人が移住されてきた。50年代に入り、人口増加が著しくなり、昭和55年に菩提寺小学校が岩根小学校より分離した。

 その後も人口増加を続け、平成4年には新しい小学校の開設が決定した。平成6年に建設に取りかかり、平成7年4月に開校した。

 校区はサイドタウン、イワタニランド、近江台の3地区である。

沿革

平成3
(1991)年
第1回菩提寺小学校分離新設校設置審議会開催
平成5
(1993)年
甲西町立菩提寺北小学校と命名
平成6
(1994)年
校舎並びに体育館起工式(5月10日)
校章、校歌制定
プール起工式(12月15日)
平成7
(1994)年
竣工式(3月28日)
開校式(菩提寺小学校より分離)
開校記念日5月10日
中庭整備完了(10月25日)
平成8
(1996)年
音楽教育推進事業団”21世紀の会”研究助成校(1996〜1997年)
滋賀県福祉活動推進指定校(1996〜1998年)
平成9
(1997)年
音楽教育推進事業団”21世紀の会”研究助成校、研究発表大会(11月)
平成10
(1998)年
イリノイ州立大学より学校訪問を受ける
平成11
(1999)年
あすなろランド(小動物舎)竣工
平成12
(2000)年
学習障害児に対する指導方法等に関する実践研究
(文部科学省指定2000〜2001年)
平成13
(2001)年
学習障害児に対する指導方法等に関する実践研究
(文部科学省指定2000〜2001年) 
平成14
(2002)年
気づき・考え・実感する理科学習の創造
〜子どもの把握と個に応じた学習の工夫〜
滋賀県小学校教育理科発表協議会会場
文部科学省「学習障害児に対する指導体制の充実事業」 
平成15
(2003)年
文部科学省「特別支援教育推進体制モデル事業」(2003〜2004年)
平成16
(2004)年
文部科学省「特別支援教育推進体制モデル事業」(2003〜2004年)
平成17
(2005)年
滋賀県国語力向上事業推進校(2005〜2007年)
平成18
(2006)年
滋賀県国語力向上事業推進校(2005〜2007年)
平成19
(2007)年
滋賀県国語力向上事業推進校(2005〜2007年)
平成21
(2009)年
文部科学省委託「学校支援地域本部事業向上事業」(2009〜2010年)
平成22
(2010)年
文部科学省委託「学校支援地域本部事業向上事業」(2009〜2010年)
平成23
(2011)年
文部科学省「確かな学力の育成に係る実践的調査研究事業」調査研究校