教育実践の重点

「あすなろ」を合い言葉に

「あすはひのきになろう」という希望を込めて命名された「あすなろ」。
子ども達にその思いを託して「あすなろ教育活動」を展開しています。


あすなろ運動


                    な
       す
                     

  • 教育課題への取り組み
    • 基礎的・基本的な学習内容の定着と授業の改善
    • 実践と評価
    • 教育課題解決のための多岐な研究
    • 子ども理解の推進
  • 心の教育の充実を図る
    • 勤勉努力、親切、生命尊重、愛校心を重点内容とする。
    • 本に親しむ図書館経営の充実を図り、図書館教育の発展に資する。
    • 「あすなろ運動」で実践力を育てる。
    • 建学以来の美しい学校を維持することにより、
      美的感覚を養い快適な環境作りに努める。
  • 特色ある教育の推進
    • 音楽教育を通して豊かな人間性を育む。
    • 特別支援教育の充実を図る。
    • 実践活動「あすなろ運動」の発展、充実に努める。
    • 学習支援ボランティアの積極的な活用に努める。
  • 地域に開かれた学校づくりの推進
    • 学校評議員会の開催
    • 広報活動
    • 民生、児童委員との連携、青少年育成区民会議との懇談会の開催
    • 福祉施設との交流

あすなろ音楽活動

集会部 合唱部 合奏部

 開校時より、特色ある教育活動のひとつとして音楽教育を行ってきています。
あすなろ音楽活動は、5・6年生の児童が「集会部」「合唱部」「合奏部」の3つの部に分かれ、活動しています。全教師がそれぞれの部に所属して指導しています。
その成果を11月の『あすなろ音楽集会』で発表します。


あすなろ音楽集会


 音楽集会では本校のオリジナル曲「広野物語」を全校で歌い上げます。「広野物語」は、菩提寺の歴史をもとに作った15曲から成る合唱組曲で、全曲を歌うのに約20分の大曲です。


広野タイム

 総合的な学習の時間の名称を本校の建っている地域の古い呼び名の「広野」から「広野タイム」と名付け、地域の自然や人に働きかけたり調べたりする活動を中心に進めています。
 自然、環境、生命、くらし等を取り上げ、子ども自らが課題を設定し、探求活動を行い、よりよく問題を解決する力を培います。

  • 3年・・・ふるさとの探検隊になろう〜地域の生物調査〜
  • 4年・・・ふるさとの探検隊になろう〜地域の植物調査〜
  • 5年・・・私たちのくらし〜広野米と水環境〜
  • 6年・・・私たちが暮らす広野〜地域の歴史と広野物語〜

朝のハーモニー

 月・水・金の朝の会は、各階のオープンスペースに低・中・高学年が集い、「今月の歌」を歌います。
歌を響かせ、心が響き合う、美しさに感動する心を育てます。


朝の読書活動

 火・木の朝の会は、全校一斉読書タイムです。静けさの中、集中力と豊かな感性を養います。


培いたい子どもの能力

教科指導 道徳教育 特別活動 総合的な学習の時間
基礎・基本と個性を重視した学習を通して、自ら学ぶ意欲を育てよう。 豊かな体験を通して、道徳性を養い、道徳的実践力を高めよう。 感動体験を重視し、望ましい集団活動を通して、自主的・実践的態度を育てよう。 知的好奇心、探求心を刺激し、子ども自ら学ぶ力が育つ学習内容を工夫しよう。
【思考・判断・表現力】 【道徳的実践力】 【表現・自治的能力】 【自己教育力】

育てたい子どもの資質

学年 学 年 の 目 標 学年の重点 学校の重点
低学年 1年 健康に留意し、わがままをしないで、友だちと仲良くし、明るく接する。 ・礼 儀
・家庭愛
1.勤勉努力
2.親    切
3.生命尊重
4. 愛 校 心
( 郷 土 愛 )
2年 健康に留意し、友だちと仲良く助け合い、温かい気持ちで人に接する。
中学年 3年 自他の健康・安全に努め、約束や決まりを守り、互いに信頼し、仲良くする。 ・友 情
・勤 労
4年 進んで自他の健康・安全に努め、公徳を大切にし、進んで働こうとする。
高学年 5年 自他の生命を尊重し、広く他の人を思いやり、自己に厳しく誠実に行動する。 ・個性伸長
・公徳心、
 規則尊重
6年 自他の生命を尊重し、公徳を守り、積極的に新しい分野を開こうとする。